ジャーナル

それはあなたの引き受けることですか?

仕事のご相談を受けている時、ここがうまくいかなかった、ミスについてのお話を伺うことがあります。

 
責任感のある方、誠実な方、優しく繊細な方に多いですが、私のここが至らなかった、私が悪い、と全部問題を引き受けてしまっていることがあります。

いやいや、そこまで、あなたが引き受けることですか?、と思うことがあります。
 
 
仕事のミスについては、自分が至らないところから生まれることもありますが、それだけじゃないと思います。
 
私も以前は自分を責めて、よく落ち込んでいましたが。最近は、自分だけの問題ではない部分もある、と感じるようになりました。
  
 

そのミスは起こるべくして起こった。
構造上の仕組みの問題で、改善させていく必要のある部分ではないですか?

ミスや問題が起きた現実を直視し、今後どのようにしていくのか、対策を立てていくべきですが、全部を全部引き受ける必要はないと思います。
 
 
また、ミスを指摘された時や、叱責された時。
もちろん非を認め、真摯に謝る、ということも大事です。

でも、いろんな場合が想定されるので、一概にいえませんが、ここも同様に自分だけで引き受けすぎないこと。

場合によっては、自分の意見も伝えようとする姿勢も大事だと、と思いますよ。
  


  
 

それこそ心の中に剣を。
いざというときに、自分を守れるよう。
相手からの剣が飛んできた時に、瞬時に反応して返せるように。

実際言うか言わないかではなく、そういう意識を持っておくこと。それだけでも、随分変わることがあると思います。
 
  
その問題はあなたがそこまで引き受けるべきことなのか?
よく見極めて欲しい、と感じます。

  • instagram
  • note

お問い合わせ・ご相談はこちらから

みやま三姉妹
@みやま三姉妹でIDを検索か右側のQRコードで友達追加をしてください。
@みやま三姉妹でIDを検索か右側のQRコードで友達追加をしてください。
閉じる